TEPIA 一般財団法人 高度技術社会推進協会

  • 文字サイズ
  • 標準
  • 大

TEPIA 一般財団法人 高度技術社会推進協会

TEPIA 先端技術館



2018秋イベント

医療・健康×テクノロジー

誰しもが健康で快適な生活を送ることのできる社会を望んでいます。
最新のテクノロジーを駆使すれば、難しい病気やけがの治療の実現だけでなく、より早くより正確な診断を可能にし、医者と患者どちらの負担も
軽減する最適な治療を実現することができるかもしれません。
また、日頃から個人で手軽に健康状態を把握し、健康管理を行うことを可能にし、病気の予防や早期発見に役立てることができるかもしれません。
「医療・健康×テクノロジー」では、健康で快適な生活を実現する為の技術の一例を紹介します。

『特別展示 医療・健康×テクノロジー』2018年10月16日(火)~11月25日(日)

◇次世代手術システム「SCOT(Smart Cyber Operating Theater®)」(模型) 東京女子医科大学
             SCOT

 先端医療技術 
◇医療用VR「HoloEyes VR」 Holoeyes株式会社
◇網膜走査型レーザアイウェア「RETISSA Display」 株式会社QDレーザ
◇視線や目・瞼の動きで操作するスイッチ「アイスイッチ」 株式会社エンファシス
HoloEyesVR RETISSADisplay アイスイッチ


 先端ヘルスケア技術 
◇スマートアパレル「e-skin」 株式会社Xenoma
◇オーダーメイドサプリメントサーバー「healthServer」 ドリコス株式会社
e-skin healthserver



特別ワークショップ(参加費無料)

 
早稲田大学梅津研究室プレゼンツ『人工心臓を作ってみよう!』協力:早稲田大学理工学術院
心臓の機能を代行する装置「人工心臓」。その機能、働きを知って、簡易型の人工心臓を自分で作り、きちんと機能するか水を使って実験します。
・日時:2018年11月10日(土)①10:30~11:30 ②13:00~14:00 ③15:00~16:00
・定員:各回10名
・対象:中高生(小学5年生以上参加可)
  ◆件名:「人工心臓を作ってみよう!申込」
  ◆必要事項:参加希望時間、参加者名(ふりがな)、年齢、学年、電話番号
※当選者にはメールにてその旨ご連絡いたしました。多数のご応募ありがとうございました。
 

『OriHimeをプログラミングしよう!』協力:(株)オリィ研究所
TEPIA先端技術館にも展示している分身ロボット「OriHime」を自分でプログラミングして動かしてみませんか?おもちゃではないロボットを動かしてみるチャンスです!
※このイベントは終了しました。多数のご応募ありがとうございました。
 

『3Dペンでハロウィンを飾ろう!』協力:LITALICOワンダー青山
空中に絵を描くように立体造形物を作り出すことができる3Dペン。オリジナルの飾りを作ってハロウィンを盛り上げましょう!
※このイベントは終了しました。多数のご応募ありがとうございました。
 

小さなコンピュータでLEDを光らせる『きらきらライトを作ろう!』(クリスマス版)
レジンで形作ったLEDライトを、小さなコンピュータ「IchigoJam」を使って光らせてみましょう。クリスマスツリーに飾ってみては?※作ったライトはお持ち帰りいただけます。
・日時:2018年11月23日(金)、12月1日(土) 各日①11:00~12:15 ②14:00~15:15
・定員:各回12名
・対象:小学4年生以上
 ◆件名:「きらきらライトを作ろう!申込」
 ◆必要事項:参加希望日時、参加者名(ふりがな)、年齢、学年、電話番号
 

【申込方法】:event@tepia.jp宛てに上記の件名と必要事項を記載して送信してください。

このページの先頭へ