TEPIA 一般財団法人 高度技術社会推進協会

  • 文字サイズ
  • 標準
  • 大

TEPIA 先端技術館



TEPIA先端技術館の休館とリニューアルのお知らせ


TEPIA先端技術館は、リニューアルのため平成28年度の常設展示を平成29年2月26日(日)で一旦閉館し、
平成29年3月25日(土)に新年度展示をスタートします。

29年度のリニューアルポイント

1.『常設展示』
新しい展示では、最近話題となっている「AI(人工知能)」、「IoT(様々なモノ(物)がインターネットにつながる)」を重要テーマとして取り上げます。
「AI」「IoT」は様々な分野で活用されており、今後、いろいろな先端技術と結びつくことにより新たな価値を創造し、社会的課題解決の糸口となっていくと考えられます。
エントランスエリアでは、日本の未来社会の3つの課題を取り上げ、それぞれの問題の解決に「AI」「IoT」がどのように活用されていくのかを、ウォークスルーで映像をご覧いただきながらイメージしていただける展示を行います。
そのほか「AI」や「IoT」に関連した展示物を設置し、「AI」「IoT」の機能、役割などを知っていただきながら、これらの先端技術を使ってどのように社会的課題を解決できるのかを考えていただく機会を提供いたします。


2.『ワークショップ・教室』
●【平日ワークショップ】に新プログラムが登場
「センサーを使ってIoTを活用した仕組みを学ぼう!」(13時30分~)
簡易なセンサーと無線通信を使い、入力、制御、出力の流れを理解し、IoTの仕組みを学習します。
さらに身近なモノにどのように活用できるかを考える30分のワークショップです。

●【ロボット教室】(日曜:10時30分~)内容リニューアル
「ロボットの基本要素の学習」、「GUI(コンピュータへ出す命令をユーザが画面上で視覚的に理解してロボットの行動を指定する機能)でのプログラミング」「文字ベースのプログラミングへとハードウェアを制御するプログラミング」等の技能を3ステップで学んでゆく新教室となります。

このページの先頭へ