TEPIA 一般財団法人 高度技術社会推進協会

  • 文字サイズ
  • 標準
  • 大

TEPIA 先端技術館

特別講座

対象:中学生・高校生

君も今日からプログラマー!
自分のつくりたいものをカタチにできる人になろう!


手のひらサイズの小さなコンピュータ「IchigoJam(イチゴジャム)※」キットをハンダ付けして組み立てた後、プログラム作りにチャレンジします。なお、製作には高温のハンダごてを使用します。やけどの恐れがありますので注意をお願いします。じっくり 1日で、ハンダ付け工作とプログラム方法を勉強します。
※「IchigoJam」は 1980年代マイコン時代に流行った懐かしい BASIC プログラムが走るコンピュータとして、現代の技術を活かして登場したものです。インターネット接続こそできないものの、自宅にあるテレビを使ってプログラム学習できます。TV ゲームを作ることだってできます。
  • 開催日:次回の開催は、7月を予定しております。開催日時・詳細が決定しましたら、本ページでお知らせいたします。
  • 時 間:10:00~15:30(受付開始 9:45)
  • ※お昼時間(12:00~13:00)をはさんだ講座になりますので、
    各自昼食を持参して下さい。

  • 対 象:中学・高校生
  • 持ち物:筆記用具、昼食
  • 人 数:10名
  • 参加費:無料(キット類含む)、製作したIchigoJam は持ち帰りいただけます。
  • 申込方法:申込専用アドレスseminar@tepia.jp宛に、以下の必要事項をご記入のうえ、お申込みください。

    1.開催日とタイトルを件名にご記載ください。
    2.郵便番号、住所、電話番号、メールアドレス
    3.参加者の氏名・ふりがな、年齢、学年



学習内容

午前:キット製作

  1. 導入・講義
    ・IchigoJamでどんなことができる?
     先生が作ったものを見てみよう!動かしてみよう!
    ・キットの作り方
    ・ハンダごてなど電子工作用の工具の使い方
  2. 実習
    ・1ハンダ付けの練習
    ・IchigoJamキットの製作(ハンダ付け)
    ・完成したIchigoJamを動かしてみよう

午後:プログラム編

  • 講義と実習
    ・BASICプログラムについて
    ・ウルトラマンラーメンタイマーの製作
    ・プログラムの仕組みについて考える
    ・計算だってお手のもの
    ・音楽演奏にチャレンジ
    ・フルカラーLEDを光らせてみよう

このページの先頭へ