TEPIA 一般財団法人 高度技術社会推進協会

  • 文字サイズ
  • 標準
  • 大

TEPIA 先端技術館

特別講座

対象:中学生・高校生

君も今日からプログラマー!【応用編】自分のつくりたいものをカタチにできる人になろう!


 応用編では、ユニバーサルプレートにIchigoJamとギヤーボックス、ブレッドボードなどを搭載し、TEPIAオリジナル ロボットカーを作ります。ブレッドボード上に電子回路を作成しロボットカーを走行させます。さらにセンサーを取り付けて、センサーからの信号によってモーターをコントロールし、プログラミングで自律走行に挑戦します。
なお、IchigoJamの「入出力端子」につなげたものをプログラムで動かす応用編です。IchigoJamの基本的な使い方(接続方法、電源操作など)や基本的なBASICプログラムの入力方法(キーボードを使って命令を入力)、修正方法などは本教室では行いませんので、事前にご確認いただくか、基礎編への事前参加をお勧めいたします。

ご自分のIchigoJam-U/-Tを持参していただければ取り付けて、教室へ参加いただけます。お持ちでない方はTEPIAのIchigoJamをお貸しします。貸し出したIchigoJamはお持ち帰りできません。
製作したTEPIAロボットカーやブレッドボード等を含む電子部品は、お持ち帰りいただけます。

  • 開催日:①か②どちらかをお選びください。
        ① 12/24(日) ② 1/14(日)
  • 時 間:両日とも10:00~15:30(受付開始 9:45)
    ※お昼時間(12:00~13:00)をはさんだ講座になりますので、 各自昼食を持参してください。
  • 対象:中学生・高校生
  • 参加費:1,000円(当日受付の際、お支払いください。材料費の一部としてご負担いただきます。)
    ※製作したTEPIAロボットカーやブレッドボード等を含む電子部品は、お持ち帰りいただけます。
  • 持ち物:IchigoJam-U/-T本体、筆記用具、昼食
  • 定員:12名/回

  • 【申込方法】※開催日によりお申込期間が異なります
  • お申込期間:① ~12/11(月) ② ~12/24(日)
  • 参加通知日:① 12/13(水) ② 12/26(火)
  • お申込期間内に、申込専用アドレス event@tepia.jp 宛に、以下の必要事項をご記入の上、お申込みください。応募多数の場合は抽選の上、参加可能な方へメールにてご連絡します。
  • 件名に「特別講座申込み」と記載し、本文に下記をご記入ください。
  •  1.希望参加日
     2.郵便番号、住所、電話番号、メールアドレス
     3.参加者の氏名・ふりがな、年齢、性別、学年
     4.TEPIAのIchigoJam教室への過去参加有無について: 有・無
     5.IchigoJam貸出希望について: 希望する・希望しない


学習内容

※IchigoJamの「入出力端子」につなげたものをプログラムで動かす応用編です。IchigoJamの基本的な使い方(接続方法、電源操作など)や基本的なBASICプログラムの入力方法(キーボードを使って命令を入力)、修正方法などは本教室では行いませんので、事前にご確認いただくか、基礎編への事前参加をお勧めいたします。

  1. 導入:IchigoJamを使えば自分で作ったものが動かせる!
    ・先生が作ったものを見てみよう!動かしてみよう!
    ・応用講座で作るものを見てみよう
  2. 製作:パーツを組み合わせてTEPIAロボットカーを作る
    ・自分のTEPIAロボットカーを作ろう!
    ・モーターを動かす電子回路を作る
     (ブレッドボード上に電子回路を作る方法を学ぶ)
  3. 実習:どのようにプログラムすると動かせるんだろう?
    ・IchigoJamの「入出力」これがポイント
    ・入出力端子のプログラム方法
    ・自分のTEPIAロボットカーを動かしてみよう
    ・走行データを作成しよう
  4. 応用:プログラムを作ってみよう
    ・走行するプログラムを作成
    ・センサーから情報を処理する
    ・センサーを使って自律走行に挑戦


このページの先頭へ