TEPIA 一般財団法人 高度技術社会推進協会

  • 文字サイズ
  • 標準
  • 大

TEPIA 先端技術館

経過・結果レポート

チャレンジ助成2016採択チーム発表

2016.06.01

このたびは、TEPIAチャレンジ助成事業にたくさんのご応募をいただき、誠にありがとうございました。
厳正な選考の結果、今回の採択チームは以下の10チームに決定いたしました。

東京工業大学附属科学技術高等学校(東京都) 3年生5人組
ロボット名:DiRe
三田国際学園高等学校(東京都)2年生3人組
ロボット名:Inanimate object(無生物)
宝仙学園高等学校共学部理数インター、東京インターハイスクール(東京都)2年生2名
ロボット名:SUNClass(SUpport for Note-taking Class)
京都府立桃山高等学校 グローバルサイエンス部(京都府)2年生10人組
ロボット名:ヘビ型ロボット「M.Snaker」
洛星高等学校 ロボット研究同好会(京都府)1~2年生3人組
ロボット名:のぼルンバ
追手門学院大手前中学校 ロボットサイエンス部(大阪府)1~3年生5人組
ロボット名:Otemon Forest Challenger~木登り枝打ちロボットで森を救おう~
清風南海学園 科学研究部(大阪府)中学3年~高校2年生6人組
ロボット名:地震災害時における高層ビル探索ロボット
神戸市立科学技術高等学校 機械工作部ROBO(兵庫県)2~3年生4人組
ロボット名:のぼるん くだるん
山口県立防府商工高等学校 メカトロニクス部(山口県)3年生4人組
ロボット名:高層ビル用屋外エレベータロボット
国立沖縄工業高等専門学校 ロボット製作委員会(沖縄県)高専1~2年生11人組
ロボット名:Multi Searcher

今年度は、最大10チームの採択枠に全国から23件の応募がありました。
今回は残念ながらご希望に添えなかったチームの皆さんも、次のチャンスへの挑戦を心からお待ちしています!

challengepaper2

このページの先頭へ