TEPIA 一般財団法人 高度技術社会推進協会

  • 文字サイズ
  • 標準
  • 大

TEPIA 先端技術館

経過・結果レポート

「TEPIAロボットグランプリ2016」表彰結果

2016.11.15

2016年11月13日(日)、TEPIA先端技術館(3Fエキシビションホール)にて
「チャレンジ助成事業」採択全10チームが集い、
「TEPIAロボットグランプリ2016」を開催しました!!

6月の採択チーム決定から約5か月、
「上下に移動するロボット」をテーマに、
すべてのチームが、大変よく頑張って課題を研究し、オリジナルロボットを開発してくれました。

たくさんの応募の中から助成を勝ち取ったことだけでも評価に値します
(全チームに「チャレンジ賞」を授与しました!)が、
この日は開発成果の実演発表とプレゼンテーションを披露し合い、
審査員による表彰をおこないましたので、ここに結果を報告いたします。

【TEPIAロボットグランプリ2016 表彰結果】

■グランプリ
洛星高等学校(京都府) ロボット同好会 「のぼルンバ」
■準グランプリ
追手門学院大手前中学校(大阪府)  ロボットサイエンス部 「Otemon Wood Cutter Robot」
■THK賞
神戸市立科学技術高等学校(兵庫県)  機械工作部 「のぼるん」
■ロボコンマガジン賞
京都府立桃山高等学校(京都府) グローバルサイエンス部 「m-Snaker」
■特別賞
三田国際学園高等学校(東京都) inanimate object開発チーム 「inanimate object~無生物~」

tepia20161113web

 

各チームのロボットの紹介なども追ってこちらでレポートしていきます!

このページの先頭へ