TEPIA 一般財団法人 高度技術社会推進協会

TEPIA 先端技術館



ショーケースエリア

先端技術を実際に見て、体験できるエリアがショーケースエリアです。ここでは、先端技術を「暮らし・経済」「社会」「地球・生命」「ニューノーマル社会」の4つのテーマに分類し、各テーマにおける課題解決を目指すための技術や、Covid-19の世界的流行に伴う生活様式の変化をもたらす技術などを紹介します。また、プログラミングをはじめとした先端技術を使い、アプリ開発やロボット制作等のイノベーションやモノづくりの最前線で活躍している若者イノベータ―の方々などの活動なども紹介しています。


暮らし・経済

テクノロジーは私たちの暮らしを便利で快適なものへと変化させてきました。このコーナーでは、これからの暮らしをより良いものに進化させてくれる可能性に満ちたテクノロジーを紹介します。

パイプ探査ロボット「配管くん」
-株式会社弘栄ドリームワークス

人が入れないような細い配管内を自由に移動するパイプ探査ロボット。配管内を移動しながら撮影した映像と、位置情報から作成した配管図面を組み合わせて、配管の状態を診断します。

» この展示の詳細はこちらをご覧ください。

手のひらサイズの「体温発電機」
-国立研究開発法人物質・材料研究機構(NIMS)

1度でも温度差があれば発電が可能な「微小温度差発電モジュール」を使用。体温と外気の温度差を利用して、小型センサーを駆動させるのに十分な電源を発電・蓄電する、クリーンな発電システムです。

» この展示の詳細はこちらをご覧ください。

電動クローラ(キャタピラ)移動用ロボット「CuGo」
-株式会社CuboRex(キューボレックス)

不整地での運搬作業をサポートするクローラ(キャタピラ)型移動用ロボット。軽量車体で重い荷物の安定した運搬を可能に。また、自動走行などの分野の研究・事業開発用として活用できます。

» この展示の詳細はこちらをご覧ください。



社会

医療・福祉や高齢化、教育など日本の社会全体が抱えている課題はさまざまです。このコーナーでは、そうした社会の課題を解決しようとするテクノロジーを紹介します。

柔らかい造形ができる3Dプリンタ
-ミッツ株式会社

柔らかい造形物を作ることができる3Dプリンタ。マシュマロや耳たぶのような触感のオリジナル樹脂も開発。ソフトロボットや、人工心臓などの医用工学分野、研修用臓器モデルなどの分野に貢献しています。

» この展示の詳細はこちらをご覧ください。

音声で伝える着用型の端末「ダイナグラス」
-株式会社デジタルアテンダント

取り付けたカメラとAIで周囲の情景を認識します。状況、文字、ハザードを音声にして利用者に伝えます。利用者は今いる環境、目の前にいる人を的確に知ることができ、より安全な屋外歩行が可能になります。

» この展示の詳細はこちらをご覧ください。

音が鳴る布「ファブリックスピーカー」
-国立研究開発法人 産業技術総合研究所(AIST)

伸びる銀メッキ短繊維電極と薄く柔らかいフィルムを布で挟んだファブリックスピーカーは、布と同じように衣服に組込み、身に着けることができます。衣服だけでなく車の座席やベッドに組込むことで、人にストレスを与えることなく音や情報を伝えることが可能になります。

» この展示の詳細はこちらをご覧ください。



地球・生命

気候変動や資源枯渇といった地球規模の課題を普段意識することはなかなかないかもしれません。しかし、このままだと自然災害がますます増えたりするなど、私たちにも深く関係する課題になっていきます。こうした課題解決に取り組もうとしる中、日本から生まれた注目のテクノロジーを紹介します。

ハイパースペクトル画像診断技術を用いたマイクロプラスチックの高速な分析手法の開発
-国立研究開発法人海洋研究開発機構(JAMSTEC)

「ハイパースペクトル画像診断技術」を用い、肉眼で視認しにくい「マイクロプラスチック」を高速で検出・分類。生態系へ悪影響が問題視されるマイクロプラスチックの実態をより早く把握します。

» この展示の詳細はこちらをご覧ください。

ナノ材料を利用した太陽熱による高効率な水の加熱
-国立研究開発法人物質・材料研究機構(NIMS)

窒化チタンナノ粒子を水に分散させると、水温上昇速度が速くなります。太陽光のみで簡単に動作するナノ材料を用いた蒸留器で、災害時や未開発地域での飲用水問題を解決します。

» この展示の詳細はこちらをご覧ください。

生分解性と土壌活性化に優れた和紙繊維「キュアテックス®」
-株式会社キュアテックス

消臭・抗菌・抗ウイルス・UVカット効果のある天然繊維100%の製品を開発。多孔質構造と優れた生分解性により、焼却・廃棄することなく土壌微生物に分解され、完全に土に還り、土の品質を改良する効果もあります。

» この展示の詳細はこちらをご覧ください。

« PREV  NEXT »

このページの先頭へ